国内旅行で使いやすいスカイマーク

荷物に関してはLCCよりも寛容

スカイマークは国内旅行向き / 大手航空より最大約50%安くなる / 荷物に関してはLCCよりも寛容

しかしスカイマークはとても寛容な印象を受けました。
3つまで無料で預けることができ、総量は15キロまでになりますので、国内旅行であれば十分に対応することができるでしょう。
荷物に関しては、LCCより寛容な姿勢が見えますので、この点はとても使いやすいです。
一部のLCCになると、サービスがあることもあります。
ドリンクサービスがないと想像することが多いのがLCCですが、一部の格安航空会社になると無料で振る舞われることもあります。
しかしスカイマークはそれが徹底してありません。
ドリンクが欲しいのであれば、お金が必要です。
ただし有料のLCCと比較しても、金額は良心的になっていますので、それほど高いと感じることがありませんでした。
ただ国内旅行になりますので、搭乗するまえに飲んでおき、数時間のフライト中は我慢すればほとんど問題になることはありません。
この心意気で乗り越えることができました。
LCCは事前購入型によって料金が安くなることが多いですが、この航空会社は二通りの方法で格安航空券にすることができます。
それは前割と空席連動型です。
前割はフルサービスキャリアでも実行されていますので馴染みが深い格安航空券になりますが、空席連動型になると購入タイミングがとても難しいです。
空席が目立てば安くなるシステムになりますので、観光シーズンオフなどを狙うと特別に安い料金で飛行機に乗ることができるでしょう。
このような観点も使いこなすには必要になりますので用意しておきましょう。